2011年04月02日

稲むらの火

津波を題材にした「稲むらの火(いなむらのひ)」が、2011年度より小学校教科書に掲載されるそうです。掲載決定は、ずいぶん前から決まっていたのでしょうが、何とも運命的なものを感じてしまいます。

» 稲むらの火 - Wikipedia

稲むらの火について、内容は上記のWikipediaに譲るとして、和歌山県には以下のような施設があります。

» 稲むらの火の館 「濱口梧陵記念館」「津波防災教育センター」

また、稲むらの火に関しては、気象庁でもコンテンツが閲覧可能です。

» 気象庁 | 稲むらの火

タグ:雑記
posted by dekipaso at 12:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

タイはすごい

「タイの発電所、日本に丸ごと貸し出しへ」 News i - TBSの動画ニュースサイトより。

原発事故で電力が不足している日本をサポートしようと、タイの電力公社が発電所を丸ごと無償で貸し出すことになりました。
日本に貸し出されるのは、巨大な煙突、タービン、発電機といった発電設備一式、これを2セットです。発電所ほぼまるごと、日本に移設されます。
東京電力に貸し出されるのは12万2000キロワットのガスタービン発電設備2機などで、およそ24万世帯分の電力を賄うことができます。この発電設備は日本製で、95年から稼働していますが、現在はピーク時を除いて使われていないため、電力不足に悩む日本に無償で貸し出すことになりました。
「日本はこの困難に対し決して孤独ではありません。何でもサポートします」(タイ電力公社の社員)

はてなブックマークでもコメントしたのですが、ここでもちょっとタイについて書きたいと思います。

戦中、アメリカやイギリスなどから経済封鎖を受けていた日本。その中でも、日本との貿易を続けてくれたタイ。

戦中にタイから約1350億円の金を借りた日本。戦後、その借金を150億円にディスカウントしてくれたタイ。

その150億円の借金も、54億円払った段階で、残金96億円の債権を放棄してくれたタイ。

スマトラ沖の大地震後、日本からの復興支援として無償援助資金20億円の供与を「より被害の大きな国に回して」と辞退したタイ。

うーん、タイって何かすごい。

参考:
日・タイ特別円協定
特別円問題の解決に関する日本国とタイとの間の協定のある規定に代わる協定
日タイの歴史を動かした親日家 象のはな子の育て親、逝く / バンコク週報

タグ:雑記
posted by dekipaso at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

WordPressテーマの文字化けとPHPのincludeで苦しむ

ロリポップのレンタルサーバーで運営しているサイトとブログがあるのですが、この度、そのブログ(WordPress使用)のテーマを自作しました。

ところが、テーマに含まれる日本語が文字化けに…。

テーマファイルの文字コードも「UTF-8」にて作成していたのですが、WordPressのコアファイルや.htaccessファイル、PHP.iniの設定など、いろいろと改善を模索していったのですが、全く解決できず。

仕方ないので、ロリポップのPHPバージョンを5.2から5.3に上げてみて、PHP.iniをいじっていくと、何とか文字化けが解消!

しかし、今度はブログでないほうのサイトの表示がおかしくなってしまいました…。うーん、面倒くさい。

具体的には、htmlファイル内にPHPのincludeを使っていたのですが、表示できなくなりました。

いろいろと試行錯誤した結果、.htaccessファイルに

AddHandler php5.3-script .html

の1文を加えることで解決。

何とかできて良かったのですが、もっと勉強する必要性を感じた1日でした。

タグ:WordPress
posted by dekipaso at 22:00 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。